2017/05/10 15:31

小栗旬&西島秀俊の“にらみ合い”は監督がカットをためらうほどの緊張感

ど迫力のアクションシーンが話題の「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」/(C)カンテレ
ど迫力のアクションシーンが話題の「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」/(C)カンテレ

5月9日に放送された小栗旬主演ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(毎週火曜夜9:00-9:54フジテレビ系)の第5話が、関東地区で平均視聴率10.3%を記録、関西地区は14.7%と、共に前週から大きく数字を上げた。(本記事内の数字は全てビデオリサーチ調べ)

本作は小栗演じる稲見朗、西島秀俊が演じる田丸三郎が所属する公安機動捜査隊特捜班の活躍を、直木賞作家・金城一紀が描く骨太なアクションエンターテインメント。

第5話では、政治家恐喝の証拠を手に入れるため、沢田(杉本哲太)が所属する暴力団に潜入捜査を行う稲見(小栗)だが、任務の背後には黒幕だった官房長官・神谷(石黒賢)の邪悪な思惑が潜んでいた…というストーリー。

何の前触れもなく冒頭で稲見がいきなり収監されるという衝撃のスタートから、潜入捜査が稲見の人格にまで影響を及ぼしていくさまを丁寧に描いた。潜入捜査する稲見の視点でストーリーが進んでいったこともあり、同じドラマとは思えない異質の雰囲気を漂わせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >