2017/05/14 06:00

「カルテット」監督が“みぞみぞ”した瞬間&名シーンとは

「第92回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」で「カルテット」は6冠を獲得/イラスト=カトリーヌあやこ
「第92回ザテレビジョンドラマアカデミー賞」で「カルテット」は6冠を獲得/イラスト=カトリーヌあやこ

カルテットを結成した男女4人の思いが複雑に絡み合う大人のラブストーリー「カルテット」(TBS系)が、第92回ザテレビジョンドラマアカデミー賞の監督賞に選出された。人の不完全さを描いた坂元裕二脚本の会話劇の魅力を見事に表現した土井裕泰、金子文紀、坪井敏雄の3人を代表して、土井に受賞の感想を聞いた。

――「カルテット」は、主演の松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生の4人の俳優がとても魅力的でしたが、今回の作品において気を付けたことやこだわりなどはありました?

とにかく、今回これだけ力のある俳優さんたちがそろったので、ぼくが最初に意図したことに彼らをあてはめていくというより、この台本を受け取った俳優さんたちが演じていくことで生まれていくその瞬間を形にして積み上げていくことが今回は一番大事な作業だと思って演出していました。現場に入って、「さあやってみましょう!」と言う瞬間が本当に楽しく、“みぞみぞ”する、そういうドラマでしたね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >