2017/05/17 17:23

小栗旬、警棒を使った壮絶なアクションに「大変でした」

派手なガンアクションなど、映画のようなスケールで描かれている本作/(C)カンテレ
派手なガンアクションなど、映画のようなスケールで描かれている本作/(C)カンテレ

5月16日に放送された小栗旬主演ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(フジテレビ系)が、関東地区で平均視聴率10.2%、関西地区13.3%を記録し、好調をキープした。(数字はビデオリサーチ調べ)

5月16日の第6話は、11年前に地下鉄爆破テロを起こした逃亡犯・里見(山口馬木也)の行方を追う稲見(小栗)、田丸(西島秀俊)ら特捜班だったが、里見には警視総監・乾(嶋田久作)も絡む驚きの過去があった…というストーリー。

本作は、ビデオリサーチ社が公表したこれまでの関東地区での総合視聴率(※)でも、第1話がが23.6%、第2話が20.2%、第3話が21.9%と、初回から全て20%超えと高い数値を記録している。

金城一紀がつむぎ出す極上のストーリーはもちろん、小栗、西島による迫力のアクション、脇を固めるキャストや犯人役の怪演、それらをかき立てる音楽などが、多くの視聴者からの支持を得ている。

次週5月23日(火)放送の第7話では、犯行予告を出したテロ組織「平成維新軍」に特捜班が立ち向かう。標的や手掛かりが不明な中、大山(新木優子)のサイバー分析によって浮上してきたメンバー“坂本”(今井悠貴)から情報を聞き出そうとする特捜班。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >