2017/05/26 15:00

棚橋弘至らと“復権”を果たした新日本プロレスの秘密に迫る

「津田大介 日本にプラス」にゲスト出演する棚橋弘至選手、木谷高明氏(写真下段左から)/(C)テレビ朝日
「津田大介 日本にプラス」にゲスト出演する棚橋弘至選手、木谷高明氏(写真下段左から)/(C)テレビ朝日

5月28日(日)朝10時からCSテレ朝チャンネル2で放送の「津田大介 日本にプラス」マンスリースペシャルは、人気プロレスラー・棚橋弘至選手に加え、ブシロードの木谷高明社長をゲストに迎え、女性や家族連れなどの客を増やし、大復活した新日本プロレスの秘密に「リング上と経営改革」の2つの視点から迫る。

カリスマ・アントニオ猪木が設立し、ちびっ子のヒーローとなった初代タイガーマスクなど1980年代にテレビのゴールデンタイムで圧倒的人気を誇ったものの、2000年代に主力選手の相次ぐ退団や総合格闘技ブームなどで“冬の時代”を迎えた新日本プロレス。

それが今、“プロレス女子”と呼ばれる女性ファン、家族連れなどが急増し、売上高もどん底だった時期から3倍増(32.4億円)にまでV字回復した。その理由は何か?

2012年に新日本プロレスをグループ化した木谷氏、“冬の時代”からリング上で孤軍奮闘して新日本プロレスを支え続けたエース・棚橋選手が報道番組のスタジオで語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >