2017/05/18 21:12

【恋ヘタ連載】田中圭がドラマ前半の名場面を振り返り!「あれは難しいシーンだった。臨ちゃんとかなり相談しながら演じました」

撮影=西田周平
撮影=西田周平

恋に不器用な男女が繰り広げる大人のためのラブコメディー「恋がヘタでも生きてます」(日本テレビ系)も今夜が折り返しの第7話。スペシャル連載第7回は、雄島佳介役・田中圭が選んだドラマ前半(6話まで)のお気に入りシーンを発表!

5月11日(木)放送の第5話では、やっと結ばれたのもつかの間、佳介の素っ気ない態度に美沙(高梨臨)はまたイライラ。ほどなくして巡ってきた美沙の誕生日当日、学生時代の元カレ・黒川(小西遼生)が美沙を呼び出し強引にキス! そんな2人を佳介が見ていて…という展開。18日放送の第7話では、美沙が初めて佳介への思いを口にする!

そんな“恋ヘタ”たちの一進一退を描いてきたドラマ前半6話までの中から、田中圭がお気に入りのシーンとは!?

■ “自己紹介しながらのキス”で「佳介が余計わからなくなりました」

まず印象深いシーンに挙がったのは1話(4月6日放送)、美沙と佳介が2回目に公園で会ったシーン。佳介は「僕は雄島佳介。年は33歳。誕生日は…」と自己紹介しつつ、「それで今は…気になる人がいる」と美沙に突然キス!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >