2017/05/20 12:00

「バイオハザード:ヴェンデッタ」深見真×小林裕幸SP対談!(前)

映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」から深見真(写真右)と小林裕幸(写真左)の対談をお届け!/(C) 2017 CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.
映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」から深見真(写真右)と小林裕幸(写真左)の対談をお届け!/(C) 2017 CAPCOM / VENDETTA FILM PARTNERS. ALL RIGHTS RESERVED.

5月27日(土)より公開のフルCGアニメーション映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」。本作を作り上げたスタッフの中から、アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」(2012-2013年、フジ系)などで知られる脚本の深見真と、「バイオハザード」シリーズのプロデューサーで、作品の原作監修を務めたカプコンの小林裕幸にインタビュー。制作の裏側から深見の「バイオ」愛まで、対談形式で語ってもらった。

――いよいよ公開が間近に迫りましたが、現在の心境はいかがですか?

小林裕幸(以下小林):今作は公開時期に比べ、早めに完成したんです。その時は公開がまだ先だったので、「やっと公開か」というイメージですね。一般のお客様に見てもらえるのが楽しみですし、早く感想が聞きたいです。

深見真(以下深見):自分はゲームの「バイオハザード」シリーズをずっとやっていたので、シリーズの1ファンとして、こうして脚本で関わることができて本当にうれしいです。しかも「今回はクリスとレオンが主人公で」というオーダーがあったのですが、自分は特に「バイオハザード4」(以下“4”)以降が好きなので、主人公のクリスとレオンには思い入れがあり、よりうれしかったです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >