2017/06/14 06:00

「直虎」阿部サダヲ、海老蔵演じる信長に『殺気を感じた』

今川家の人質として駿府で少年時代を過ごす。「桶狭間の戦い」で今川義元討死の知らせを聞き、独立を決意する/(C)NHK
今川家の人質として駿府で少年時代を過ごす。「桶狭間の戦い」で今川義元討死の知らせを聞き、独立を決意する/(C)NHK

阿部サダヲが大河ドラマ「おんな城主 直虎」(毎週日曜夜8.00-8.45ほかNHK総合ほか)に出演中。阿部は、直虎(柴咲コウ)の人生に大きな影響を与える後の天下人・徳川家康を演じている。

注目すべきは、今川の人質となっていた幼少期の姿から演じ切っているというところ。「桶狭間の戦い」で今川を裏切り徐々に頭角を表していくようになったが、6月18日(日)の放送ではいよいよ家康にとって運命とも最大のピンチともいえる信長(市川海老蔵)が登場。さらに、妻・瀬名(菜々緒)が久々に登場という家康にとって波乱の1日となる。

信長との面会という危機と、妻との再会、そんな状況を演じた阿部にどいうった心境だったのかなどを聞いてみた。

――家康を演じるに当たって意識している点などを教えてください。

“三河のぼんやり”と呼ばれていた幼少期・竹千代の時期から、松平元信・元康、徳川家康と名を変え天下人となっていく姿を演じていく中で、今までになかった家康像を描けたらいいですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >