2017/06/02 15:52

“三男の母”役・柴田理恵「『ひよっこ』は現代日本史のようなドラマ」

茨城・筑波大学で「ひよっこ」のキャンパストークショーが行われた/(C)NHK
茨城・筑波大学で「ひよっこ」のキャンパストークショーが行われた/(C)NHK

有村架純が主演を務め、好評放送中の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15NHK総合ほか)。

ヒロイン・みね子(有村)の出身地であり、舞台の1つとなっている茨城の筑波大学筑波キャンパス春日講堂で、「連続テレビ小説 ひよっこ キャンパストークショー in 筑波大学」が開催され、みね子の親友である角谷三男(泉澤祐希)の母親・きよ役の柴田理恵と、本作の制作統括を務める菓子浩氏が登壇した。

トークショーは、柴田演じるきよの登場シーンの導入から、柴田の足跡を紹介。幼少期から女学生時代を経て、WAHAHA本舗の立ち上げまで、柴田の写真をたどっての紹介では学生たちからは時折大きな歓声が上がった。

出身の富山から東京へ出て行く直接的なきっかけとなったのは、「高校3年生のときに、(ひよっこにも今後出演することが発表された)白石加代子さんを見て、本当にすてきだと思い、憧れだった。(私も)絶対に東京に出て芝居をやりたい」と思ったんだそう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >