2017/06/05 07:00

【ひよっこ通信(10)】みね子、“乙女”から大人へ…新たな出会い

一緒に働くはずだった、みね子(有村架純)と澄子(松本穂香)にも別れが/(C)NHK
一緒に働くはずだった、みね子(有村架純)と澄子(松本穂香)にも別れが/(C)NHK

とうとう向島電機が倒産・工場閉鎖の日を迎え、バラバラになった乙女たち。そんな彼女らを惜しむ声が後を絶たない、放送中の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。

5月29日からの第9週では、工場閉鎖が決まり、優子(八木優希)の一足早い実家へのUターン、幸子(小島藤子)と雄大(井之脇海)のプロポーズ劇場、そして工場閉鎖へと、幸せの絶頂と悲しみのピークが一気に押し寄せるという、劇的なストーリーが描かれた。

本作のあらすじを全156回分毎週全話紹介する連載「ひよっこ通信」。新たな旅立ちのときとなる第10週『谷田部みね子ワン、入ります』の第55~60回までのあらすじを予習する。

ちなみに、“ひよっこ記者”的に第9週で気になった場面は、何と言っても優等生・豊子(藤野涼子)による“最初で最後のわがまま”だ。

機材が運び出されることが決まり、工場に閉じこもった際の「やんだ!(嫌だ) 絶対にやんだ!(嫌だ)」というフレーズは、何度リピートしても号泣必至。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >