2017/06/14 07:05

「直虎」菜々緒、駄目亭主の尻のたたき方を瀬名から学ぶ

菜々緒演じる瀬名は幼い頃から今川氏真の妻となることを夢見ていたが、思いがけず徳川家康の妻になる/(C)NHK
菜々緒演じる瀬名は幼い頃から今川氏真の妻となることを夢見ていたが、思いがけず徳川家康の妻になる/(C)NHK

菜々緒が、大河ドラマ「おんな城主 直虎」(毎週日曜夜8.00-8.45ほか、NHK総合ほか)に出演中。菜々緒が演じているのは、阿部サダヲ演じる松平元康(家康)の正室・瀬名。瀬名は「桶狭間の戦い」で元康が今川を裏切ったことで、今川氏真(尾上松也)より自害を命じられてしまうが、人質交換により命を救われ、家康と名を改名した夫の元へ向かうことができた。

そして、6月18日(日)の放送で、そんな瀬名が久しぶりに登場。家康と話し込むシーンを見ることができる。いったいどんな心境で瀬名を演じていたのかなど聞いてみた。

――改めて、瀬名を演じている感想を教えてください。

喜怒哀楽がはっきりしていてる女性を演じることができるのは楽しいです。今川を手に入れるという強い野心を持ちながらも、井伊のことであったり母との約束を大切にしている優しさと思いやりを持った女性ですので、そういった細かい部分が皆さんに伝わるように演じています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >