2017/06/13 07:00

木崎ゆりあが猫まねでニャンニャン? 主演作品の撮影を振り返る!

オムニバス映画「9つの窓」の「candy」で主演を務めた木崎ゆりあにインタビュー/スタイリスト=稲美妙乃
オムニバス映画「9つの窓」の「candy」で主演を務めた木崎ゆりあにインタビュー/スタイリスト=稲美妙乃

映画「9つの窓」のDVDが6月28日(水)に発売される。本作は、国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア」とAKB48グループがコラボレーションした、9つの作品から成る短編オムニバスで、AKB48グループから選ばれたメンバーがそれぞれ主演を務めている。

今回はその中の「candy」で、主人公・深田野乃子を演じたAKB48・木崎ゆりあにインタビュー。撮影の様子や、AKB48を卒業し女優の道を歩む自身の展望などについて話を聞いた。

■ 撮影は「むちゃくちゃ恥ずかしかった」

――劇場上映が約1年以上前になるので、撮影はもっと前だったと思いますが、撮影当時のことを覚えていますか?

それがすごく覚えているんです。“キャンディーをなめたら見た人を2分間好きになってしまう”という変わった内容だったので、(企画を聞いて)「どうなるんだろう」って思ったときのことから覚えています。9人ものメンバーが主役をできるというのもすごいことだなと思いました。それが6月にドイツで上映される(「第18回ハンブルグ日本映画祭」の招待作品に決定した)というのも信じられないです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >