2017/06/10 12:00

今夏、松尾スズキの衝撃作「業音」を再演!

「業音」の見どころを語る松尾スズキ(左)と平岩紙(右)
「業音」の見どころを語る松尾スズキ(左)と平岩紙(右)

「日本総合悲劇協会」の3作目として、’02年に荻野目慶子主演で上演された衝撃作「業音」。“悲劇”をテーマに、限りなく深い人間の“業”の闇を描いた大人計画の代表作が、15年ぶりに再演される。

今回は’02年に荻野目が務めた元アイドル役を平岩紙が演じ、フランス・パリでの海外公演も行う。

本作の作・演出を手掛ける松尾スズキと主演の平岩に、見どころなどを聞いた。

■ 「いい意味で期待を裏切りたい」平岩紙の演技に注目!

――まずは、再演に至った経緯を教えてください。

松尾:もともと再演したいと思っており、いろいろキャスティングを考えていたのですが、主役を受けてくださる方がなかなか見つからなくて。平岩に「どうなんだ?」という話をしたら、「そこまで言われるならやります」ということで決まりました。

平岩も最近は随分ポップな存在になってきて、“平岩紙”という名前が一人歩きしている印象もありますが、「それを打ち壊す演技をしてほしい」という思いはあります。平岩には、それだけの実力があると思うので。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >