2017/06/11 20:00

【テレビの開拓者たち / 井上由美子】「昼顔」「キントリ」脚本家が明かす2つのこだわり

いのうえ・ゆみこ=1961年生まれ、兵庫県出身
いのうえ・ゆみこ=1961年生まれ、兵庫県出身

テレビ局勤務を経て脚本家デビューを果たし、以降、NHKの朝ドラや大河ドラマ、民放の連ドラ、WOWOWのドラマWなどなど、実に数多くの話題作を送り出してきている脚本家・井上由美子氏。現在大好評を博し、6月15日(木)にいよいよ最終回を迎える「緊急取調室」シーズン2など、そのリアリティーあふれる作風から“社会派”の作家という評価を受けることも多い彼女だが、自身にはその意識は全くないという。そんな井上氏に、これまで手掛けた主な作品を振り返ってもらいつつ、脚本作りのこだわりについて聞いた。

■ 「北条時宗」は、定番の題材ではないからこそ面白いんだって自分を励ましながら書き上げました

──脚本家になる前はテレビ東京にお勤めだったそうですね。

「もともとテレビドラマが大好きで、テレビに関わりたいというミーハーな感じで入社したんですが、営業事務というドラマ制作とは無縁の部署だったので、数年で退社させていただいて。そのときはドラマを作りたいと思っていたので、何が何でも脚本家というわけではなく、プロデューサーや監督になりたいとも思っていたんです。でも、昔から向田邦子さんや山田太一さんのドラマを見ていて、脚本家に対する憧れは強くありましたし、ドラマの最初の設計図を作るのは面白そうだなと思って、シナリオスクールに通い始めたんです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >