2017/06/21 06:00

【テレビの開拓者たち / 佐久間宣行】「ゴッドタン」佐久間Pが仕事をエンジョイできる理由

さくま・のぶゆき=1975年生まれ、福島県出身
さくま・のぶゆき=1975年生まれ、福島県出身

二度にわたって映画化もされた「キス我慢選手権」、数々のライブイベントを行い今年3月には東京・日本武道館でのライブを実現させた「芸人マジ歌選手権」といったヒット企画を数多く擁する深夜のお笑い番組「ゴッドタン」を筆頭に、子供向けバラエティー「ピラメキーノ」('09~'15年)、シチュエーションコメディー「ウレロ☆」シリーズ('11年ほか)、そして千鳥の冠番組「NEO決戦バラエティ キングちゃん」など、個性あふれる番組を次々と世に送り出している佐久間宣行プロデューサー。近年好調のテレビ東京の立役者の一人でもある佐久間Pに、これまで携わった番組について、また、お笑いやテレビ界への思いの丈を語ってもらった。

■ 「ナミダメ」では、「感動をありがとう」という風潮を逆手に取りました

──佐久間さんがテレビ東京に入社されて、最初に携わった番組は?

「一番初めは、アイドルが主演する一話完結のオムニバス形式の『国産ひな娘』('99年)という深夜ドラマのADですね。当時付いていたADが急に辞めてしまって、僕はドラマ志望ではなかったんですけど、『体がデカくて体力がありそう』という理由で声が掛かったんです(笑)」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >