2017/06/15 21:15

市川染五郎、“水”をテーマに日本舞踊をプロデュース

未来座「賽 SAI」の見どころを語る市川染五郎
未来座「賽 SAI」の見どころを語る市川染五郎

6月18日(日)まで、東京・国立劇場小劇場にて第一回 日本舞踊 未来座「賽 SAI」を上演中。本作は日本舞踊協会の3年ぶりの新作で、新たなシリーズの第1弾。

SAIとはSuccession And Innovation、すなわち継承と革新を意味し、「伝統をつなぎながら “今”こそ一番輝き、そして“未来”へと光を放つ公演でありたい」という願いが込められている。今回は水にまつわる4つの作品を上演するが、そのうちの一つ「水ものがたり」に出演し、「擽―くすぐり―」では演出を手掛けた松本錦升(市川染五郎)に、日本舞踊の魅力、作品の見どころなどを聞いた。

■ 日本舞踊の進化を感じてほしい

――なぜ“水”をテーマにされたのですか?

まずは、「水ものがたり」を作るというところから始まりました。水は過去にも、現在にも、未来にもある普遍的なもので、それを過去、現在、未来へとつなぐ日本舞踊にもメッセージとして込めることができるのではないかと思ったんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >