2017/06/20 07:00

香川真司「カズさんみたいな年齢になるまで続けたい」 自身のサッカー人生を語る

プロサッカー選手としての原点を明かした香川/撮影=千葉格
プロサッカー選手としての原点を明かした香川/撮影=千葉格

ブンデスリーガのボルシア・ドルトムントに所属する香川真司が、発売中の書籍「MYSELF 香川真司」(KADOKAWA)のロングインタビューでプロサッカー選手としての原点や、今なお現役でプレーする三浦知良への思いを語っている。

サッカーにハマったきっかけは、1993年のJリーグ開幕。「まだ4歳だったんですけど、なんとなくあの頃の盛り上がりのことは記憶にあるんです」と振り返る。とはいえ、小中学生の頃は「周りには自分よりうまい選手が常にいました」。それでも、負けず嫌いの性格で「いつか絶対に追い抜いてやる」と思い続けてきた。

転機になったのは、中学時代に故郷の神戸を離れ、FCみやぎバルセロナのジュニアユースにサッカー留学したこと。「実は、小学校5年生の冬に2週間だけ“留学”させてもらったんですよ。監督の家にホームステイさせてもらったんだけど、それが楽しくて楽しくて」。その思い出に背中を押され、サッカー留学は「即決だった」という。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >