2017/06/19 05:00

滝沢秀明は“有岡つかい”!? 「明るいキャラで売ってるけど、本当は根暗」と暴露!

映画「こどもつかい」公開記念舞台あいさつに出席した(後列左から)門脇麦、中野遥斗、清水崇監督
映画「こどもつかい」公開記念舞台あいさつに出席した(後列左から)門脇麦、中野遥斗、清水崇監督

公開中の映画「こどもつかい」の公開記念舞台あいさつが公演2日目の18日に行われ、主演を務めた滝沢秀明をはじめ、有岡大貴、門脇麦、中野遥斗、清水崇監督が登場した。

同作は、無邪気で狂気性を帯びた“こどもの霊”として子供が登場し、滝沢演じる“こどもつかい”とともに悪い大人たちを呪い、次々と恐怖のどん底に突き落としていくホラーエンターテインメント。「呪怨」シリーズをはじめ、数々のヒット作を手掛けた清水監督の完全オリジナルストーリーとなっている。

今回初出演を務め、特殊メークで新境地を開いた滝沢は、「初めての映画主演、ホラー映画で、僕も公開を心待ちにしていました。昨日無事に公開初日を迎え、皆様の反応がすごく楽しみです」と無事に映画が公開され、喜びを明かした。

連続不審死の謎に迫る新聞記者・駿也を演じた有岡は、「いたずらを仕掛けるくらいのつもりで撮影に挑んでいたので、無事に公開を迎えられてとてもうれしく思っています。ホラー映画が苦手で躊躇している方にこそ見ていただきたい映画になっています」と強くアピール。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >