2017/06/23 06:15

ディーン・フジオカ「ステージに上がると素の自分が出ちゃう」

主演映画「結婚」で、主人公の結婚詐欺師・古海を演じたディーン・フジオカ/撮影=横山マサト
主演映画「結婚」で、主人公の結婚詐欺師・古海を演じたディーン・フジオカ/撮影=横山マサト

6月24日(土)公開の映画「結婚」で、いくつもの偽名を操り、さまざまな女性たちを華麗にだます結婚詐欺師・古海健児(うるみ・けんじ)を演じたディーン・フジオカ。「俳優と結婚詐欺師って近いものがあると思う」と語る彼自身、俳優、ミュージシャン、報道番組の“インフルエンサー”という3つの顔を持つ。そんなディーンの“真実”の姿に迫ってみた。

「俳優はとにかく受け身な仕事。こんな作品を作りたいとオファーされたときに、自分がどれだけ趣旨を理解できるのか、リクエストされた立場で、求められていることを、彼らが思う100%のラインをちょっと超えるくらいで返せるのか。常にそこの闘いだと思います。そして、今回演じた結婚詐欺師と俳優は、“演じる”という意味では似ているんですよね。なので、これまでの俳優としての経験を役づくりやアプローチに生かしていければいいなと思いながら、撮影に臨んでいました。素の古海は、自分の心境を発することはないけれど、女性たちをだましているときは、普通に笑ってみたり、なでるようにしゃべってみたり、逆に冷たく突き放したりと、バリエーションを付けて演じるようにしていました。女優さんたちとのシーンは、相手の方の演技を見て、それなら自分もこうしようとか、セッションでどんどん変化していった気がします」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >