2017/06/24 07:30

大野智「忍びの国」の忍者役を「“大野智じゃん”って思うかも」

大野智が映画「忍びの国」で演じた忍び・無門について告白
大野智が映画「忍びの国」で演じた忍び・無門について告白

大野智が“最強”の忍者を演じる映画「忍びの国」が7月1日(土)に公開。

本作は、和田竜の同名歴史小説を原作に、常勝・織田軍が喫した大番狂わせ「天正伊賀の乱」を描く戦国エンターテインメント。大野が演じるのは、伊賀の忍びたちを率いて織田軍に対抗する忍び・無門。彼はすご腕の忍びにもかかわらず、普段は怠け者で、妻には頭が上がらないという設定だ。

大野がそんな無門について語ってくれた。

大野:「最初、中村(義洋)監督から『変に役づくりしなくていい。大野くんそのままでやってくれていい』って言われたときは、逆に難しいなと思っていました。自分と懸け離れた役の方がキャラを理解しやすいし、役に入りやすいですし。でも、撮影に入ると場面によって監督の明確な演出はあるから、それに近づけるように夢中でやっていましたね」

中村監督も「(大野は)いろいろなことをきちんと見ているし、考えている人。撮影に当たっても予習を相当してきているのに、それを見せない。大野くんのそういった姿勢が僕は好きですし、無門っぽいですよね」と語っているよう、そもそも、大野と無門は似通った部分が多いのかもしれない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >