2017/07/05 06:00

廣木隆一作品に抜擢の瀧内公美「自分の恥ずかしい部分が全部見えてきた」

映画「彼女の人生は間違いじゃない」で主演を務める瀧内公美/撮影=大石隼土
映画「彼女の人生は間違いじゃない」で主演を務める瀧内公美/撮影=大石隼土

「ヴァイブレータ」(2003年)、「さよなら歌舞伎町」(2014年)の廣木隆一監督が、自ら執筆した小説を映画化した「彼女の人生は間違いじゃない」。震災で母親を亡くし、今は福島の仮設住宅で父親と暮らしている主人公のみゆきは、週末になると東京でデリヘルのアルバイトをしているという設定。そんな難しい役どころを、オーディションで抜擢された瀧内公美が熱演している。

――オーディションを受けようと思った一番の理由を教えてください。

最初に脚本を読ませていただいたときに、余白があって、言葉が少ない作品だと思いました。今は情報社会ですし、言葉数が少ないと伝わりにくかったりするかもしれませんが、生きている中で完璧な答えはないし、自分のした選択が本当に正しいかなんて、わからないと思うんですよね。この映画では、そういう不確かなものが描かれていて、その状況にならないと見えてこないものがきっとあると思うんです。だからこそ挑戦してみたいと思いました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >