2017/06/28 18:00

ディーン・フジオカ「結婚なんてただの制度でしょ、と思っているところがあった」

公開中の映画「結婚」で「結婚しよう」というプロ ポーズを別れの言葉とし ている結婚詐欺師・古海を演じているディーン・フジオカ/(C)2017「結婚」製作委員会
公開中の映画「結婚」で「結婚しよう」というプロ ポーズを別れの言葉とし ている結婚詐欺師・古海を演じているディーン・フジオカ/(C)2017「結婚」製作委員会

――直木賞作家・井上荒野の同名小説を映画化。主演を務めたディーン・フジオカは、女たちを惑わす結婚詐欺師・古海健児を演じた。

ディーン:古海は結婚詐欺師ですが、相手の女性によって自分を演じ分けるという意味では、もしかしたら俳優という仕事に近いものがあるのかもしれません。俳優は求められた場所で、求められたことを表現するのが仕事ですが、その技術を正しく使わず、ルールを無視して犯罪へと突っ走るのが詐欺師なのかなと。もちろん、詐欺は犯罪で、絶対にダメなことですが、古海のやっていることは、僕たち俳優の役へのアプローチに似ている部分があるのではないかと思いました

――女性の心と金銭を奪った途端、彼女たちの前から姿を消す古海それでもだまされた女たちは彼を憎めずにいるという魅惑的な男だ。

ディーン:古海は一番最初に出会う女性である母親との関係性をうまく捉えられず、いろんな意味で、女性に対して倒錯している部分がたくさんあるんだと思います。彼は自分がなぜ生きていて、どこに向かおうとしているのかも分かっていない。ある意味、ハスラー的な感覚で、衝動的な生き方をしているんですよね。そういう男を演じるこ

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >