2017/07/01 07:00

嗣永桃子、おとももちに笑顔でラストメッセージ。15年間の愛に感謝!

カントリー・ガールズによる「桃太郎」の寸劇。桃の中からももち(嗣永桃子)が現れ、ラストライブがスタートした
カントリー・ガールズによる「桃太郎」の寸劇。桃の中からももち(嗣永桃子)が現れ、ラストライブがスタートした

6月30日、東京・青海野外特設会場で“ももち”こと嗣永桃子のラストライブ「嗣永桃子ラストライブ ありがとう おとももち」が開催された。

嗣永は2002年6月30日、小学生限定で行われたハロー!プロジェクト・キッズオーディションに合格し、ハロプロキッズの一員に。その後、Berryz工房のメンバーとしてデビューし、2015年にBerryz工房が無期限活動休止をしてからは、新グループのカントリー・ガールズの“プレイングマネージャー”として活動してきた。芸能界引退となるこの日は、ももちのキッズ合格から15周年でもある日。

ライブでは21曲を熱唱し、集まった約8000人のファンに笑顔で別れを告げ、15年のアイドル人生にピリオドを打った。

ライブ前には囲み取材に対応し、いつもながらの軽妙なももちトークで記者に笑顔で答えてくれた。以下、全文。

――今朝はどういう気持ちで迎えましたか?

嗣永:昨日の夜はわりとすぐに眠れて、緊張してどうしようという感じではなかったんですよ。朝ご飯のデザートに私だけ桃が出て、お母さんが「頑張ってね」という気持ちを桃で表現してくれたみたいで、そのまま家族に見守られながら家を出てきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >