2017/07/02 06:00

【テレビの開拓者たち / 福田雄一】当たるものより、当たる“かも”しれないもの? 気鋭のヒットメーカーの作品づくりの極意

ふくだ・ゆういち=1968年7月12日生まれ、栃木県出身
ふくだ・ゆういち=1968年7月12日生まれ、栃木県出身

「勇者ヨシヒコ」シリーズ(2011年、2012年、2016年テレビ東京系)や、「スーパーサラリーマン左江内氏」(2017年日本テレビ系)など、ユニークな設定のエンターテインメント作品を作らせたら右に出る者なしの福田雄一が、「週刊少年ジャンプ」の人気コミック「銀魂」の実写版映画で脚本と監督を担当。笑いあり、涙あり、痛快アクションありと、面白さてんこ盛りの内容で、日本映画界に新たな伝説を作り上げることになりそうだ。今でも「KinKi Kidsのブンブブーン」(フジ系)など、バラエティー番組の放送作家としても活躍する福田氏が、脚本家、そして映画監督の道を歩むことになったきっかけや、個性的な俳優の競演が楽しい“福田ワールド”の秘密について語ってくれた。

■ 自分の中で決心がついた最終的な材料は、妻の浪費癖でした(笑)

――福田監督は、もともとバラエティー番組の放送作家として活躍されていたわけですが、ドラマや映画の脚本を書くようになったきっかけは?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >