2017/07/06 17:20

武井咲が悪女に! 真木よう子が読モに! 尾上松也がスイーツ男子に!【夏ドラマ人物相関図(木曜ドラマ編)】

武井の脇を固めるキャストには、上記の相関図に入っているメンバー以外にも、高畑淳子、滝藤賢一、和田正人、内藤理沙など実力派キャストが作品を彩る
武井の脇を固めるキャストには、上記の相関図に入っているメンバー以外にも、高畑淳子、滝藤賢一、和田正人、内藤理沙など実力派キャストが作品を彩る

同記事シリーズ【水曜ドラマ編】に続き、今回の木曜ドラマ編では、武井咲が“悪女”に、真木よう子が“読者モデル”に扮する主演作。第4シーズンに突入した「遺留捜査」。伊藤淳史が“脳内スマホ人間”になってしまったSFヒューマンドラマ。尾上松也が新境地を見せる“スイーツドラマ”など話題作が目白押し。その人間関係が一目で分かる相関図とストーリーを紹介!

■ 武井咲が松本清張の名作に初挑戦!「黒革の手帖」

地味な派遣社員から、銀座のママへと変身した主人公・原口元子(武井咲)が、欲望と愛情が渦巻く夜の銀座を舞台に、頂点を目指してのし上がっていく姿を描く。派遣社員として勤めていた銀行から1億8千万円もの大金を横領した元子。やがて、借名口座のメモが記された“黒革の手帖”を盾に、銀座にクラブ「カルネ」を開店させる。(第1話より)

「Wの悲劇」(2012年 テレビ朝日系)や「瀬戸内少年野球団」(2016年 テレビ朝日系)など、さまざまな名作で主演を勤めてきた武井が、華麗な転身を遂げた“稀代の悪女”を演じる。元子は、財政界でトップを目指す人々と堂々と渡り合っていくが、その周辺を取り巻くメンバーを演じるそうそうたるキャストにも注目だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >