2017/07/10 07:00

映画「アリーキャット」で熱演した窪塚洋介が作品の魅力を語る!

映画「アリーキャット」で朝秀晃(通称:マル)を演じる窪塚洋介
映画「アリーキャット」で朝秀晃(通称:マル)を演じる窪塚洋介

7月15日(土)公開の映画「アリーキャット」で、野良猫のように街の片隅でひっそりと生きるボクシングの元チャンピオン・朝秀晃(通称:マル)を演じた窪塚洋介。

ひょんなことからマルのバディとなった、通称リリィこと梅津郁巳(降谷建志)と共に、マルがアルバイトで知り合った冴子(市川由衣)を守るために奮闘する。そこから自分自身の生き方を見詰め直し、次なる一歩を踏み出す姿を描く。

今回マルを演じた窪塚にインタビューを敢行! 役作りから作品に懸けた思いまでたっぷりと語ってもらった。

――中野剛プロデューサーによる榊英雄監督とオリジナル脚本で、窪塚さんと降谷さんをイメージして制作されたということですが、最初に台本を読まれたときはいかがでしたか?

設定やストーリーもそうだし、出てくる車とか、なんとなく昭和のにおいがするなって思いました。

――マルに対してはどんな印象を持たれましたか?

自分とは遠い役だなと思いました。俺だったら、マルのように過去に引きずられて後悔して、諦めてくすぶってるという、そういうライフスタイルにならないかな。人生の時間は限られているし、もったいないって思っちゃうからね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >