2017/07/09 06:00

【テレビの開拓者たち / 伊藤隆行】モヤさま伊藤Pいわく「未来のテレビに必要なのは“素直”と“勇気”」

いとう・たかゆき=1972年10月24日生まれ、東京都出身
いとう・たかゆき=1972年10月24日生まれ、東京都出身

「やりにげコージー」('04~'05年)、「やりすぎコージー」('05~'11年)、「モヤモヤさまぁ~ず2」('07年~)など数々のヒット番組を手掛け、ついにプライムタイム進出を果たした内村光良司会のお笑い番組「にちようチャップリン」、古舘伊知郎&坂上忍&千原ジュニアのタッグによるトーク番組「おしゃべりオジサンと怒れる女」など、今年春からの新番組も好調。独自の路線をひた走るテレビ東京の中でも、ひときわ挑戦的な番組を世に送り出すヒットメーカー、“伊藤P”こと伊藤隆行プロデューサーに、自身の番組制作へのこだわりや、テレビが向かうべき未来などについて話を聞いた。

■ テレビ東京に入ったのは“雰囲気入社”です(笑)

――伊藤Pは、テレビ東京入社時は、制作ではなく報道志望だったとか?

「というか、テレビ局を志望していたわけでもないんです。“雰囲気入社”ですね(笑)。だから、報道を志望しとこうかな、くらいのスタンスだったんですけど、入社早々、上司から『おまえみたいなバカが報道に行くと視聴者に迷惑をかける』と言われて、編成部に配属されまして(笑)。で、気付いたら今、制作にいるという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >