2017/07/09 16:30

【テレビの開拓者たち / 樋口卓治】売れっ子放送作家が「テレビもまだ捨てたもんじゃない」と思った番組とは?

ひぐち・たくじ=1964年10月22日生まれ、北海道札幌市出身
ひぐち・たくじ=1964年10月22日生まれ、北海道札幌市出身

「ぴったんこカン・カン」(TBS系)、「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)、「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」(テレビ朝日系)といった長寿番組のほか、数多くのバラエティー番組を手掛けている放送作家の樋口卓治氏。1989年に芸能プロダクション・古舘プロジェクトに入社して作家活動をスタートさせた彼は、古舘伊知郎をはじめ、タモリ、明石家さんまらと仕事をしてきた自らのキャリアを振り返り、「憧れていたタレントの“輪”に入ることができて、とても恵まれていた」と語る。近年は小説の執筆も手掛ける彼に、放送作家として今現在抱いている率直な思いを語ってもらった。

■ キャリアの最初で古舘伊知郎さんと出会えたことは本当に大きかった

──樋口さんが、初めて携わった番組は何だったんでしょうか?

「僕が放送作家になったのは、古舘プロジェクトに入ったのがきっかけなんですけど、それはどうしてもテレビの裏方の仕事をやりたいといった理由からではなく、たまたま募集をかけていたから、たまたま応募しただけなんです(笑)。古舘プロジェクトの方針が、古舘伊知郎さんの周りにブレーンをつけようということだったんですが、そこで集められたブレーンが、いわゆる放送作家と呼ばれる人たちで、僕も運よく、その末席に加えてもらったということですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >