2017/07/09 20:00

これが最先端の笑いだ!要注目のコメディー作品を紹介【視聴熱】

「サルまん2.0」の書影。7月23日(日)には東京・秋葉原の書泉ブックタワーで相原コージと竹熊健太郎の刊行記念トークショー&サイン会が開催される/©相原コージ/竹熊健太郎/小学館クリエイティブ
「サルまん2.0」の書影。7月23日(日)には東京・秋葉原の書泉ブックタワーで相原コージと竹熊健太郎の刊行記念トークショー&サイン会が開催される/©相原コージ/竹熊健太郎/小学館クリエイティブ

週刊ザテレビジョンの連載企画「This week 視聴熱」では、最近にわかに視聴熱(※)が急上昇中の最新トピック「熱トピ」を紹介。7月5日発売号では、“笑い”にまつわるニュースや注目作品を紹介している。

■ 幻の名作が10年の時を経て、初の単行本化!「サルまん2.0」

漫画家・相原コージと作家・竹熊健太郎が、作品内に登場し、売れるマンガの描き方とマンガ家の栄枯盛衰を身をもって読者に教えていくという画期的スタイルで、1989年から「ビッグコミックスピリッツ」に連載されコアな人気を博した「サルでも描けるまんが教室」。その続編として月刊誌「IKKI」で2007年からスタートしたものの、わずか8回で連載が終了した幻の作品「サルまん2.0」が、10年の時を経て初の単行本化! 爆笑必至の本編に加え、相原と竹熊、そして連載当時の関係者による、8時間にも及ぶ座談会も収録されている。制作方針をめぐる2人の対立が連載終了の原因ともいわれているが、果たしてその真相は? 相原&竹熊コンビの初めての合作企画「落日新聞」など関連資料も満載だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >