2017/07/09 18:21

向井理&斎藤工、“運命”の2人の新ドラマがスタート

「連続ドラマW アキラとあきら」の完成披露試写会に出席した賀来賢人、石丸幹二、向井理、斎藤工、田中麗奈(左から)/写真提供=WOWOW
「連続ドラマW アキラとあきら」の完成披露試写会に出席した賀来賢人、石丸幹二、向井理、斎藤工、田中麗奈(左から)/写真提供=WOWOW

いよいよ7月9日(日)夜10時より、向井理&斎藤工のW主演作「連続ドラマW アキラとあきら」(WOWOWプライム)がスタートする。

本作は、池井戸潤の最新作を映像化したもの。大企業の御曹司として、宿命にあらがう階堂彬(向井)と、父の会社の倒産など過酷な運命に翻弄(ほんろう)されながらも理想を育んだ、山崎瑛(斎藤)。メガバンクを舞台に、交錯する2人の男の人生を描く。

先日、都内で行われた完成披露試写会には、向井と斎藤の他、石丸幹二、田中麗奈、賀来賢人ら共演陣が出席した。

向井と斎藤は今回で4度目の共演となるが、斎藤は向井を「すごくスマートでインテリジェンスがあって、温かいです。男の中の男。本当にそう思います」と褒めると、向井は照れつつ「同じ歳でもあるし、親近感の湧く人。いきなり不意にウチに来たりします(笑)。気心が知れているので、深く分かり合えています」と全幅の信頼をうかがわせた。

また、イベント中にはドラマの内容にちなんで「運命を感じた瞬間は?」とのお題が。斎藤は「某番組を見ていたら、理氏が出ていました。とあるサッカーチームを応援しているという話があり、実は僕もそのチームを80年代から応援していて、しかも(向井が)ボールボーイをしていたと聞きました。

僕もそのスタジアムには行っていたので、役者として出会う前に同じ空間にいたのではないかと!」と、思わぬ“運命”の出会いを明かす場面も。

そんな向井と斎藤が、まさに“運命”の2人を演じる「連続ドラマW アキラとあきら」。7月9日放送の第1話では、産業中央銀行の新人研修で2人の“アキラ”がスタイリッシュな融資プロジェクトバトルを繰り広げるエピソードを中心に描かれる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >