2017/07/11 05:00

第4回「ドラマ甲子園」大賞決定! 高2の受賞は初

清水賢治選考委員長と、大賞を受賞した栗林由子さん(写真左から)
清水賢治選考委員長と、大賞を受賞した栗林由子さん(写真左から)

7月10日に、第4回「ドラマ甲子園」大賞授賞式がフジテレビ本社で行われ、栗林由子さんの「青い鳥なんて」が大賞を受賞した。

「ドラマ甲子園」は、全国の高校生を対象に1時間のドラマ脚本を募集し、若手の才能発掘を目指すもの。

大賞は自身の演出のもと、プロの俳優とスタッフにより映像化される。過去の受賞者にはプロデビューした者がいることから、業界内でも注目を集める賞だ。

栗林さんは都内在住の17歳で、現役の高校2年生。演劇部の部長を務めており、過去にも部活動で舞台脚本を執筆してきたが、ドラマ脚本を書いたのはこれが初めて。

応募のきっかけについて、栗林さんは「友人に勧めてもらったことです。その友人と支えてくれた家族、先生方、クラスメートにお礼を伝えたいです」とコメント。

また、内容について「自分の好きなものを書いた方が強みになるんじゃないか」と考え、自身が好きな“鳥”と“ロードムービー”を掛け合わせたことから、今回の作品が生まれたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >