2017/07/16 12:00

目標は“第2の大泉洋”! 北海道出身の元SKE48・東李苑に卒業後初インタビュー!

3月にSKE48を卒業した東李苑に卒業後初インタビュー!
3月にSKE48を卒業した東李苑に卒業後初インタビュー!

7月19日(水)の東京公演から、鈴井貴之のプロジェクト・OOPARTSによる舞台「天国への階段」の上演がスタート。孤独死の現場を清掃し、遺品を探す“特殊清掃員”をテーマにした作品で、永野宗典(ヨーロッパ企画)や畑中智行(キャラメルボックス)らに加え、「水曜どうでしょう」(HTB)でおなじみの藤村忠寿や鈴井自身も出演する。

さらに、北海道出身でことし3月にSKE48を卒業したばかりの東李苑も出演。今回は、そんな東にSKE48卒業後初インタビュー。本作出演のいきさつや稽古の様子などを聞いた。

■ SKE48卒業後すぐの舞台出演に「とにかく『ありがたい』の一言です」

――卒業してからしばらくは芸能活動をしなさそうな雰囲気だったので、今回「天国への階段」にご出演すると聞いて、正直、「早っ!」って思いました(笑)。

私も早いなって思いました(笑)。

――どういう流れで出演が決まったんですか?

北海道に帰ってすぐにお声を掛けていただいて、びっくりしました。年内は充電期間というか、表に出ないって自分でも思っていたので。でも、こんなに素敵なチャンスをいただける機会なんてめったにないことだと思うので、とにかく「ありがたい」の一言です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >