2017/07/15 06:00

勝地涼&広瀬アリス「日本のコンテンツが世界で認められているのは誇らしい」

ああ/撮影=大石隼土
ああ/撮影=大石隼土

日本の「スーパー戦隊」シリーズの「恐竜戦隊ジュウレンジャー」(1992~93年、テレビ朝日系)を、アメリカで英語ローカライズした「パワーレンジャー」。アメリカの子供番組史上最高の視聴率を記録し、20年以上も愛され続けている本作が映画となり、その日本語吹替版の声優を勝地涼と広瀬アリスが務めた。

――声優を務めることが決まったときの感想を教えてください。

勝地 男の子はみんなそうだと思いますけど、僕も小さいころは戦隊ものが好きで、よく戦隊ごっこをして遊んでいました。役者としてはそういう仕事をしてこなかったけど、まさか30歳を超えて戦隊もののお仕事をいただけるとは(笑)。なので、驚きましたけど、単純にうれしかったですね。

――勝地さんが小さいころにご覧になっていた戦隊は、どのシリーズですか?

勝地 偶然にも、この映画の基になっている「恐竜戦隊ジュウレンジャー」なんですよね。親におもちゃを買ってもらったのを覚えています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >