2017/07/19 10:00

東山紀之「子供のころの自分に教えてあげたい、『(憧れの王貞治と)メル友になったぞ!』」

「刑事7人」のシリーズ第3弾は、主人公・天樹の妻子の死に隠された“闇の真相”についても明らかにされる
「刑事7人」のシリーズ第3弾は、主人公・天樹の妻子の死に隠された“闇の真相”についても明らかにされる

――妻子を事故で亡くした刑事・天樹悠(東山紀之)が、仲間たちと共に難事件を解決する「刑事7人」(テレビ朝日系)の第3シーズンがスタートした。かつて、喪失感から刑事職から遠のいていた天樹だが、第1シーズンで「捜査一課12係」に引き抜かれて自分を取り戻し、第2シーズンではストイックなほどに捜査に没頭。そして第3シーズンでは臨海エリアを舞台に、妻子の死の真相に迫っていく。

東山:僕が刑事役をするなら、そのときそのときの、ありのままの僕自身を表現できたらと思っていました。だから、第1シリーズは風変わりな刑事でしたが、僕自身、年齢や置かれている状況によって考え方が変化しているので、それを天樹にも結び付けた方がいいなと思った。だから、第2シーズンが始まるときにスタッフの皆さんとじっくり話を詰めたんです。そして第3シーズンはその方向性がより強まっています。犯人を追う刑事にもいろんな感情があり、感情にのめり込んでしまうこともある。そして、その感情と事件が合致している方がドラマが面白くなりますし、より共感が得られるのではと思うんですよね。今回もキャラクターそれぞれの感情や体温を伝えていけたらと思っています

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >