2017/07/20 05:00

「しんがり」のスタッフが再集結! 清武英利の衝撃作がドラマ化

名もなき刑事たちが国家のタブーに挑む!
名もなき刑事たちが国家のタブーに挑む!

11月より、WOWOWプライムにて「連続ドラマW 石つぶて ~外務省機密費を暴いた捜査二課の男たち~」が放送されることが分かった。

本作は、7月25日(火)に発売されるノンフィクション作家・清武英利の「石つぶて 警視庁 二課刑事の残したもの」を原作としたヒューマンノンフィクション。

今回の題材は、2001年に発覚し、政官界を揺るがした「外務省機密費詐取事件」。“三悪人”と呼ばれた外務省役人たちが起こした衝撃的な悪事を、警視庁捜査二課に属する“石つぶて”たちが、組織にあらがいながらも暴いていく。

監督は、映画「沈まぬ太陽」も手掛けた若松節朗、脚本は「相棒」などを執筆した戸田山雅司が担当する。2015年にWOWOWプライムにて放送された「連続ドラマW しんがり~山一證券 最後の聖戦~」のオールスタッフが再集結し、新たな衝撃作を世に送り出す。

■ 清武英利コメント

万年巡査のまま終わろうとする友人から、こんなメールをもらったことがあります。「見返りなど微塵も期待しない、歴史上に無名の士としても残らない、“石礫(いしつぶて)”としてあったに過ぎない。僕は奉職している限りひそかにその覚悟だけはいつも持っていようと思っています」その言葉に重ねて、清廉に、かつ激しく生きた捜査二課刑事たちの人生を残したいと思いました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >