2017/07/23 06:00

武井咲と仲里依紗の鬼気迫るバトルがぼっ発!?

7月27日放送の「黒革の手帖」では、元子(武井)と波子(仲)が一触即発!?/(C)テレビ朝日
7月27日放送の「黒革の手帖」では、元子(武井)と波子(仲)が一触即発!?/(C)テレビ朝日

テレビ朝日系で毎週木曜夜9時から放送中の武井咲主演ドラマ「黒革の手帖」。7月27日(木)放送では、武井と仲里依紗が女同士の激しいバトルを繰り広げることが分かった。

第1話では、主人公・原口元子を演じる武井のの妖艶な悪女ぶりや、元子からこの先思う存分“むしり取られる”、アクの強い男たちが登場。そのうちの一人、元子と仲里依紗演じる山田波子の派遣先の上司で、メガバンクの次長・村井(滝藤賢一)。保身、出世、安定を一番に考えて、サラリーマン人生を生きてきた村井だが、黒革の手帖を手にした元子に追い込まれてしまう。そんな村井は、やがて破滅の道を歩き出すことになっていく。

クビを切られる寸前の派遣社員という弱い立場だった元子が、手帖を武器に強大な組織に立ち向かっていく姿もSNSなどで話題に。その一方で、そんな悪女に追い込まれていくサラリーマンの悲哀を強烈に吠えた滝藤の姿に、男性視聴者からも注目が集まっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >