2017/07/23 11:30

松岡昌宏、相田翔子は「ものすごく遠い存在だった。話しかけるなんてもってのほか」

光GENJIのバックダンサーをしていた松岡昌宏が「話しかけられたら“ありがとうございます!”という感じ」だったという相田翔子
光GENJIのバックダンサーをしていた松岡昌宏が「話しかけられたら“ありがとうございます!”という感じ」だったという相田翔子

7月22日(土)放送の「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」(テレビ東京系)で、TOKIOの松岡昌宏、博多大吉、相田翔子が、大田区・大森にある大衆居酒屋へ。松岡がジャニーズJr.時代の厳しい掟を大暴露するシーンがあった。

一行は、大森で半世紀続く老舗居酒屋「蔦八」で、煮込みをつまみにホッピーで乾杯。来年芸能生活30周年を迎える相田が、アイドルとして一時代を築いた女性デュオ・Winkとして活動していた頃の話題に…。高校生の時にスカウトで芸能界入りしたという相田だが、そもそも裏方が好きで、作詞作曲の勉強をしていたとか。Winkとしてデビューすることになったが、当時相田と鈴木早智子(元Wink)の事務所は別々で、デビューを機に、相田が鈴木の事務所に移ったという。

1曲目、2曲目はまったく売れず、3曲目の「愛が止まらない」でブレーク。当時のWinkは“笑わないアイドル”として有名だったが、そもそも人前に出ることが好きじゃなかった相田は、「急に表舞台に出されて、子供のころに見ていたスターがたくさんいて、顔がこわばって笑えなかったんです。顔筋がロックされていた(笑)」と笑わなかった理由を告白した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >