2017/07/26 05:00

“新人女優”結城モエ、将来の野望は「歴史モノをやってみたい!」

ドラマ「脳にスマホが埋められた!」で女優デビューを果たした結城モエが、“女優デビュー”や作品、さらに今後の事などについて語ってくれた/(C)YTV
ドラマ「脳にスマホが埋められた!」で女優デビューを果たした結城モエが、“女優デビュー”や作品、さらに今後の事などについて語ってくれた/(C)YTV

ドラマ「脳にスマホが埋められた!」が毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系で放送中。

今作でドラマ初出演を果たした“新人女優”結城モエ(総務課員・蟹江小夜役)に、“女優デビュー”や作品、さらに今後の事などについて話を聞いた。

■ 「とっても嬉しかった」ドラマ初挑戦!

――今回がドラマ初出演ということで、初めて話を聞いた時はどう思われましたか?

とっても嬉しかったです。演技っていうのは初めてだったので、「いいの?」とか「できるのかな?」っていう不安もありましたが、元々やりたかった事ですし。すぐに両親たちに報告しました。

――元々、演技に興味があったんですね。

ずっと女優になりたいって思っていました。東京の大学に進学して、そういうものを目指していたので、気持ちの中ではずっとありました。

――何がキッカケで、女優になりたいと思い始めたんですか?

幼い頃から、いろんな芸能プロダクションの方に声を掛けていただく機会があって、「芸能界ってどんなところなんだろう?」とか、ぼんやり「やりたいな」って思っていて。学生時代にミスコンに出たことで、より芸能界に対する距離が縮まって「やってみたい!」って思うようになりました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >