2017/07/26 08:00

「衛星放送協会オリジナル番組アワード ドラマ番組部門 最優秀賞」 広末涼子×金成祐里×制作者インタビュー「家族三代のキャストは本当の家族のようでした」

(写真右から)「ドラマW 稲垣家の喪主」に出演した広末涼子と金成祐里。プロデューサーの堤口敬太。
(写真右から)「ドラマW 稲垣家の喪主」に出演した広末涼子と金成祐里。プロデューサーの堤口敬太。

2016年度にBS・CS(有料多チャンネル)で放送されたオリジナル番組の中から、優れた番組・企画を表彰する「第7回衛星放送協会オリジナル番組アワード」。オリジナル番組部門の1つであるドラマ番組部門で「ドラマW 稲垣家の喪主」(WOWOWプライム)が最優秀賞を受賞した。

あがり症の小学2年生の宙太(ちゅうた)が、同居する伯母と叔父の喪主あいさつまでしたくないと、自分の将来に不安を抱き、それを解消するため伯母と叔父を結婚させようと奮闘するホームコメディーだ。同番組のプロデューサーであるWOWOWの堤口敬太、宙太を演じた7歳の金成祐里(かなり・ゆうり)、その伯母・杏子を演じた広末涼子に出演の感想や作品への思いを聞いた。

■ 最初に、ドラマ番組部門最優秀賞を受賞された感想を聞かせてください。

堤口「このような賞をいただいて、たいへん光栄です。このドラマは、まず小山ゴロさんの脚本がとても面白かったんです。演出を英勉(はなぶさ・つとむ)監督にお願いし、“平成の寅さん”(渥美清主演の映画『男はつらいよ』シリーズ)のようなドラマを作ろうということになりました。WOWOWのドラマは社会派の作品が多いのですが、今回はハートフルなホームコメディーで受賞できたのがうれしいですね」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >