2017/07/29 11:31

発達障害のピアニスト 困難を克服した演奏に中居正広らも感動

自らの発達障害のエピソードを告白した栗原類
自らの発達障害のエピソードを告白した栗原類

7月28日の「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(TBS系)では、金スマ特別編「発達障害を考える」が放送された。番組では、発達障害のピアニスト野田あすかさんに密着取材をし、発達障害の症状について詳しく解説。野田さんが試練を乗り越える姿に、スタジオも感動に包まれた。

「聴く者の胸を打つ音色」と言われ、国内外で数々の賞を受賞したピアニストの野田さんは自閉症スペクトラム障害を持つ。そのため視覚情報がうまく処理できず、楽譜をその場で理解しながら弾くことができない。新しい曲を覚える際は、携帯電話の録音機能を使い楽譜の右手と左手それぞれのパートの音階を読み上げて録音。録音したものを聞きながら音階を全て文字に起こし、音の高低を折れ線で記入、カスタネットを使いながらリズムを覚える。さらにエレクトーンの録音機能を利用して、片手パートずつ録音。両手の音を同時再生し、混ざった音の響きを覚える。これを楽譜一段ずつやっていくため、一曲が弾けるようになるのに、一か月を要するという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >