2017/07/29 06:00

鈴木伸之 事務所先輩からのアドバイスは「つべこべ言わず腹筋一万回」

7月29日(土)公開の映画「東京喰種トーキョーグール」でCCG捜査官・亜門を演じた鈴木伸之/撮影=横山マサト
7月29日(土)公開の映画「東京喰種トーキョーグール」でCCG捜査官・亜門を演じた鈴木伸之/撮影=横山マサト

人間を食べて生きる怪人“喰種”と、彼らを取り締まる喰種対策局CCGの戦いを描いた衝撃作「東京喰種トーキョーグール」。喰種に襲われ半喰種と化した大学生のカネキ(窪田正孝)を追うCCG捜査官・亜門を演じた鈴木伸之に、映画の舞台裏や作品に込めた思いを聞いた。

――最初に脚本を読んだ感想を教えてください

原作の前半の部分が忠実に描かれていたんですが、漫画やアニメもあるので、映画の亜門を演じるにあたり、何を一番心掛けていけばよいだろうかと疑問から入りました。監督から、亜門は真っすぐな男で、人生の目標が明確なタイプなど、いろんなヒントをいただいたんです。原作で亜門はキリスト教の神父に育てられたという設定なので、参考になるかなと意味が分からないまま「新約聖書」や「旧約聖書」を読ませてもらいました(笑)。

――正義に固執する亜門を演じて何か感じたことはありますか?

信じることの“怖さ”みたいなものは感じました。みんな自分なりに正しいと信じて行動するんですが、それぞれの正義の概念が違っている。だから衝突してしまう。「東京喰種」の世界観は僕らの世界に通じることがたくさんあるので、すごく意味がある作品だと思いました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >