2017/07/30 07:00

大野智「忍びの国」で思い出す 14年前の「伝説の当たり役」

映画「忍びの国」より。伊賀の忍びたち/(C)2017映画「忍びの国」製作委員会
映画「忍びの国」より。伊賀の忍びたち/(C)2017映画「忍びの国」製作委員会

嵐の大野智が主演する映画「忍びの国」。7月1日に公開されて以来、観客動員数145万人を突破し、大ヒットを記録している。

大野にとって2作目となった主演映画で巡り合った「無門」という役。どんなキャラクターなのかと言えば、どんなに堅牢な門でも彼の前では意味をなさないと形容されるほどのスゴ腕忍者だが、普段は怠け者で女房の尻に敷かれている、という男。そんな役柄を知ると、大野が2003年春に主演した舞台「センゴクプー」で演じた役柄・風助(ふうすけ)を思い出す。発売中の「ザテレビジョンCOLORS」では、大野に「無門」と「風助」について聞いてみた。

「ああ、『センゴクプー』懐かしいね。確かに風助と無門って、ちょっと似たとこある。普段は怠け者だけど、いざ戦うと強い!ってところとかね。殺陣も考えてみたら、舞台『アマツカゼ』(2008年)ぶりだ。今回『忍びの国』の殺陣の稽古をしながら、『そうだ、殺陣ってこうやって覚えていったっけなぁ』って舞台での殺陣稽古のことを思い出していたよ」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >