2017/08/02 07:00

江口洋介も武井咲を絶賛!「女優としての魂が燃えているよう」

魑魅魍魎がうごめく夜の銀座でも信頼を寄せ合う元子(武井咲)と安島(江口洋介)だったが…/(C)テレビ朝日
魑魅魍魎がうごめく夜の銀座でも信頼を寄せ合う元子(武井咲)と安島(江口洋介)だったが…/(C)テレビ朝日

第1話では11.7%、第2話では初回を上回る12.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2桁をキープしているドラマ「黒革の手帖」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)。武井咲演じる若きママ・原口元子が黒革の手帖を盾に、夜の銀座でのし上がっていく姿を描く。

衆議院議員秘書で政治家になる夢を実現させるべく、手段を選ばない安島富夫を演じる江口洋介の胸中に迫った。

「息もできない夏」(2012年、フジ系)以来、およそ5年ぶりの共演となる武井については、「僕はお若いときから“芯が強い女性“というイメージがあったんです。今回の作品では着物姿が多いのですが、銀座のママとしての迫力がすごい」と絶賛。

さらに、「第1話の最後、彼女が登場した瞬間に、その佇まいに女優としての魂が燃えているように見えました。武井さんが女優として変化を遂げる作品になっていくのではないかという気がします」と今後の武井の成長を予測する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >