2017/08/12 08:00

映画「打ち上げ花火―」宮野真守『甘酸っぱい記憶を思い出して収録に臨みました』

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」で祐介を演じた宮野真守/撮影=横山マサト
映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」で祐介を演じた宮野真守/撮影=横山マサト

岩井俊二監督が生んだ名作ドラマ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を原作にしたアニメーション映画が8月18日(金)より公開される。「もう一度、時間を戻せたら…」をテーマに、多感な中学生たちが経験する“繰り返される夏の一日”を描いたラブストーリーだ。

映画公開を記念したリレー連載第3回は、菅田将暉が演じる典道の幼なじみで親友の祐介を、若手声優界のトップランナーである宮野真守のインタビューを2日間にわたり紹介。

■ ピュアになろうと、精一杯頑張りました

――実写ドラマを原作にしたアニメーション映画という珍しい作品ですが、最初に話を聞いた時はどんなお気持ちでしたか?

ビックリしました。誰もが知っている実写作品ですから、一体どういった経緯でアニメ化されることになったんだろうと気になりましたね。聞くところによると川村(元気)プロデューサーが長年温めていた企画だそうで、そんな作品に自分が参加できるなんて、本当に幸せなことだとあらためて思いました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン