2017/08/13 08:00

若手声優界のトップランナー・宮野真守のプチトラウマとは!?

映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」で声優を務めた宮野真守/撮影=横山マサト
映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」で声優を務めた宮野真守/撮影=横山マサト

岩井俊二監督が生んだ名作ドラマ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を原作にしたアニメーション映画が8月18日(金)より公開される。「もう一度、時間を戻せたら…」をテーマに、多感な中学生たちが経験する“繰り返される夏の一日”を描いたラブストーリーだ。

映画公開を記念したリレー連載第4回は、菅田将暉が演じる典道の幼なじみで恋敵の祐介を、若手声優界のトップランナーである宮野真守のインタビューの後編。宮野自身の夏休みの思い出や、“忘れられない一日”を聞いた。

■ 2人のシーンは、ずっと見ていたいくらい心地よい

――(取材時点では)まだ映画は完成していませんが、制作途中のラッシュ(未完成本編映像)はご覧になったんですよね。

つい最近見ました。収録はほぼプレスコ方式(=絵を作る前に声を録る手法)だったので、まだ絵がなかったんです。今回初めて色や背景が付いた映像として観たのですが、感動しました。なずなと典道という主役2人の空気感がとても心地いいんですよ。いつまででもこの2人を観ていたいと思いますし、少年と少女の瑞々しさが丁寧に表現されていて、すごくピュアな気持ちになれるんです。こんな映画があるんだと、心が洗われるような気持ちで見ていました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >