2017/08/10 18:00

武井咲「“嫌われてもあまり気にしない”というところに共感」

「黒革の手帖」でヒロイン・元子を演じる武井咲/撮影=荒木勇人
「黒革の手帖」でヒロイン・元子を演じる武井咲/撮影=荒木勇人

――松本清張不朽の名作「黒革の手帖」(テレビ朝日系)で、銀座を舞台に、クラブのママとしてのし上がるヒロイン・元子を演じる武井咲。頭脳戦で男を手玉に取る悪女役に挑戦し、新たな魅力を放っている。

武井:毎日が戦いですが、現場はとても楽しいですね。元子が変貌する過程をどう印象的に見せるか、個性をどう際立たせるか、監督と話し合いながら作り上げています。プレッシャーも感じますし、インパクトがある作品なので、今回はいろいろと考え過ぎてしまって…。“もう少し自分らしく演じた方がいいのかな?”と、最近やっとそう思えるようになりました。元子と同じで、私自身も“あなたにできるの?”と試されているような気がするので、そこを打ちのめしていきたいと思っています

――次々と襲い掛かる敵に、たった1人で対たい峙じするヒロイン・元子。役の魅力をどこに感じているのか。

武井:頭がいい人なんですけど、すごく人間らしいところもあって、今はまだそれを隠しているんですよね。自分で切り開いていく強さも感じるし、こんなに気持ちがいい役はなかなかない(笑)。目上の先輩方にたんかを切るときは、思い切ってやらせていただいています

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >