2017/08/10 07:05

【遺留メモ5】上川隆也にとって“不動の1位”の冒険小説とは?

「遺留捜査」で糸村聡を演じる上川隆也
「遺留捜査」で糸村聡を演じる上川隆也

マイペースだが実はとてもハイスペックな刑事・糸村聡(上川隆也)が活躍するドラマ「遺留捜査」(毎週木曜夜8:00-8:54テレビ朝日系)。8月10日(木)放送の第5話では、糸村は遺体の手元に落ちていた“三角形の陶器”に着目し、謎を解き明かす。

夏休みなどで在宅率が下がり、作品のクオリティーは変わらなくても、“リアルタイム視聴”が求められる視聴率の面では毎年苦戦を強いられることが多い夏クールドラマにおいて、本作は第2話を除いて10%を超える安定した数字を残し、今期トップクラスの平均視聴率で推移している。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

第5話は、京都市内の森林で不動産会社社長・東條志津子(多岐川裕美)の刺殺体が見つかるとことから始まる。

志津子は業界では有名な不動産ブローカーで、“鬼女”と呼ばれるほどのやり手で敵も多いようだった。やはり、仕事がらみのトラブルによる犯行なのか? 

現場の森は志津子の会社が所有していた土地であり、売却先を巡って志津子と部下の岩田直人(伊東孝明)が対立していたことも判明する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >