2017/08/10 13:00

演出賞は「CRISIS―」 “驚異の7分30秒”の裏側とは!?

アクションシーンがたびたび話題になった「CRISIS―」から演出の鈴木浩介と白木啓一郎が受賞/(C)カンテレ
アクションシーンがたびたび話題になった「CRISIS―」から演出の鈴木浩介と白木啓一郎が受賞/(C)カンテレ

'17年春クールにかけて放送されたドラマを対象に開催した「週刊ザテレビジョン 第93回ドラマアカデミー賞」。最優秀演出賞は、「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」の鈴木浩介と白木啓一郎が受賞した。

「新幹線での格闘や長回しで、ドラマの枠を超えたアクションを見せた」と高い評価を受けた同作。両氏に、緻密な演出と過酷な撮影の裏側を聞いた。

■ 話題になったアクションシーンはどう作られた?

――視聴者や審査員からも、「やはりアクションがすごい!」という意見が多数でした。アクションシーンはどの様に撮影・研究されたのでしょうか

鈴木浩介:まず、金城(一紀)さんの脚本に合った場所をロケハンして探します。そこから、「こういうアクションを入れたい」という意見をアクションチームがテレビ映えするようにアレンジします。ここで、実際にアクションチームが自分たちで同じ動きやカット割りをした想定のビデオコンテを作るんです。そして監督やプロデューサーチェックが終わって初めて役者がそのアクションを見るという段取りになっています。なので、通常のドラマではありえない時間をかけて作られているんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >