2017/08/10 19:46

ジャニー社長にV6三宅健が直談判「(森田)剛がいないならデビューしたくない」結成秘話を語る

TOKIOカケル
TOKIOカケル

8月9日放送の「TOKIOカケル」(フジ系)のゲストとしてV6の坂本昌行と三宅健が登場。V6結成当時の秘話を明かした。

V6は1995年にワールドカップバレーのスペシャルサポーターとしてデビュー。

坂本は結成前に、ジャニー喜多川社長からV6のメンバーをどうするか相談され、バレーボール経験がある坂本は「コーチが必要だったら自分が引き受ける」という話をしたとか。

その後、大阪でのバレーボールの練習に呼び出された坂本は「コーチとして行ったらもうカメラが回ってた」と当時の様子を振り返る。

一方、三宅も結成前に社長とメンバーについて相談したと告白。

当時ジャニーズJr.だった三宅は森田剛とともに“剛健”コンビとして活躍していた。

ところが社長は「You(三宅)を一番にするグループにしたい」という狙いでV6のメンバーを構想していたため、人気を二分する森田が当初はメンバーに入っていなかったという。

三宅は「剛がいないんだったらデビューしたくない」と社長に直談判し、現在のメンバーが揃うことになった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >