2017/08/16 05:15

岡田准一、彦根城での過酷な撮影で「ヘロヘロになっていました」

子どもたちからの質問に答える平岳大/(C)2017「関ヶ原」製作委員会
子どもたちからの質問に答える平岳大/(C)2017「関ヶ原」製作委員会

8月26日(土)より全国公開となる映画「関ヶ原」で主演を務める岡田准一と平岳大が、岡田演じる石田三成の“お膝元”滋賀・彦根にて、小中学生(約85人)を前に特別課外授業イベントを行った。事前に本映画を見た小中学生は、2人の登場を知らされておらず、大歓声が起こった。

鳴りやまぬ歓声の中、岡田は「こんにちは! 皆さんの地元の名士・石田三成役の岡田准一です。この役を演じられてうれしく思っています」とあいさつし、平は「こんにちは! このおじさんが、どんな役を演じていたか、分かりますか?」と子どもたちに問うと、すぐさま「島左近!」という声が上がり、2人は驚きとともに感心していた。

子どもたちから「格好良かった」という感想の声が上がる中、岡田は撮影を振り返って「忘れられないのは、彦根城での撮影ですね。甲冑を詰めた箱を、スタッフさんが上まで運ぶのは大変だということで、僕らが30kgの甲冑を着けて上まで上がっていったんです。真夏だったこともあり、上に着く頃にはもうヘロヘロになっていました。当時は武将だと馬に乗って上がっていたんですけどね」と笑顔でエピソードを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >