2017/08/16 19:30

「打ち上げ花火―」原作・岩井俊二『なずなに対する新房監督の愛が深い!』

8月18日(金)公開の映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の原作者・岩井俊二にインタビュー/撮影=源賀津己
8月18日(金)公開の映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の原作者・岩井俊二にインタビュー/撮影=源賀津己

「Love Letter」(1995年)、「スワロウテイル」(1996年)、「リリイ・シュシュのすべて」(2001年)、「リップヴァンウィンクルの花嫁」(2016年)など、独自の映像美に湛えられた作品を発表し、多くの映画ファンを魅了し続けている岩井俊二氏。新房昭之監督によりアニメ映画化された「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」の原作ドラマ「打ち上げ花火―」(1993年フジ系)は、彼が活動の主軸をテレビドラマから映画へと移すきっかけとなった、“映像作家・岩井俊二”のフィルモグラフィーを語る上でも重要な作品の一つだ。そこで今回は岩井氏に、原作ドラマ「打ち上げ花火―」に込めた思い、そして、アニメ作品として新たな命が吹き込まれた映画「打ち上げ花火―」の見どころを語ってもらった。

──岩井監督が24年前に手掛けたテレビドラマ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を原作とした劇場アニメ映画がついに公開されますが、最初に今回の企画を聞かれたときは、どんなふうに思われましたか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >